沿革

TOP > 沿革 

昭和21年5月初代社長 自見兄也が中部電力株式会社各発電所の汽缶、汽機関係設備の補修工事施工のため個人企業として創業
昭和22年10月資本金18万円にて会社設立
本社を名古屋市瑞穂区松月町4丁目32番地におく
昭和32年10月名古屋市港区潮見町 中部電力株式会社新名古屋火力発電所内に新名火事業所を開設
昭和40年4月四日市市三郎町 中部電力株式会社四日市火力発電所内に四日市事業所を開設
昭和45年5月資本金を5,000万円に増資
昭和49年3月本社を名古屋市港区宝神一丁目237 番地に移転
昭和50年4月海部郡飛島村 中部電力株式会社西名古屋火力発電所内に西名火事業所を開設
昭和62年3月尾鷲市国市松泉町 中部電力株式会社尾鷲三田火力発電所内に尾鷲事業所を開設
平成元年3月三重県三重郡川越町 中部電力株式会社川越火力発電所内に川越事業所を開設
平成3年5月志賀高原(長野県・上林温泉)に保養所購入
平成5年9月三重県桑名市長島町に独身寮建設
平成8年1月能登半島(石川県・羽咋郡)に保養所購入
平成16年8月碧南市港南町 中部電力株式会社碧南火力発電所内に碧南事業所を開設
平成18年5月本社を名古屋市港区東蟹田2040番地に移転
平成18年5月中部サンセイ株式会社を吸収合併
平成19年10月創立60周年
平成24年10月創立65周年

会社案内